お弁当おかず 解凍方法のコツ

しぐまろ, 2013年9月12日

朝の忙しい時間、お弁当を作る時間はたとえ1分でも貴重です。
その時間を有効に使うために、電子レンジでの解凍は便利。
でも、それぞれの食材に合った解凍時の注意をお忘れなく♪

レンジでチンして解凍はとっても便利な方法です。
だけど、なんでもかんでもチンすればいいってものでもないのです。
それは「お弁当」だから・・・というのが大きな理由です。

食品は開封したり調理したり、「出来上がり♪」の段階から菌が繁殖を始めます。
特に朝は、数種類のおかずを用意したり、
ばたばたしてうっかり手でつまんじゃうってこともありますよね。
あたしもあります(笑)
気にし過ぎればキリがないけど、最低ここまでは、ということだけ
気に留めておいてください。


市販の冷凍食品などを調理するとき、調理の仕方がどこかに書かれています。
油で揚げるなら、何度で何分、レンジなら何wで何分とか。
それは書いてある通り守るのがBEST。

では、自家製の冷凍食品の場合は?
食品が冷凍されている間、菌は休息。繁殖しないんです。
でも、冷凍から解放されたら、菌が活動を始めます。
活動を始めると、自然と菌が仲間を増やしてしまいます。
うらやましいくらいのコミュニティ能力です(笑)

お弁当のおかずを「解凍する」と言っていますが、
実は「解凍する」のではなく「殺菌する」と思ってください。
既に調理している際に、しっかり混入されている菌を、
お弁当に詰める際に、一回懲らしめておくのが、ここでいう「解凍」ですw

レンジでチンするときは、必ず「加熱」します。
生ぬるい解凍や、ほんのり温めは絶対にやめてくださいっ(汗)
レシピ内に、目安の時間を書いていたりしますが、
それは「小分け」した冷凍の食材が「中まで加熱される目安」の時間です。
少し解凍できれば、盛り付けやすくなるので、
そのまま詰めてしまったりする恐れもありますが、
「加熱で菌を懲らしめてあげる」ことが必要なのです。
中途半端な加熱は、菌の繁殖を応援しているようなもの。
かならず、アツアツにしてからです♪

このブログのレシピで
「パスタはかためにゆでて」とか「野菜はさっとゆでて」とか書いているのは、
解凍のときにもう一度加熱するから、なのです。
普通に茹でておくと、やわらかくなりすぎるでしょ^^
他にも、冷凍のまま、別の調理を行うときもしっかり火を入れておくこと。
火を入れるとは、温めるのではなく、中まで火を通すってことです^^

しかし、熱いままお弁当に入れてしまうと、そこに水滴が。
この水滴が菌のたまりばになってしまいます。
ほかのおかずとの温度差も危険信号。
お弁当に詰めるときは、食材を冷ますことは絶対条件です♪

「詰めたものを冷ます」のではなく「冷めてから詰める」です。
そこで、煮物や揚げ物。
既に最後まで調理が終わってから冷凍しているものは、
実は解凍する必要は全くありません。
凍ったままお弁当に入れて自然解凍にすればいいだけなのです。
それだけ、菌の繁殖が遅くなります。

ただ、解凍することで水分が流れ出るようなもの、
凍ったままではうまく詰められないようなものは、やはりしっかり加熱です。

冷凍する際、「小分け」して「ラップ」で包んでいるのは、
この解凍の処理、ムラなく加熱を行うためでもあります。
レンジでの加熱で一番危険なのはムラのある加熱。
まんべんなくしっかり加熱できるよう、食材を置く位置にも注意して。

もちろん、解凍だけでなく、レンジ調理する場合も同じです♪
その他の解凍方法としては、「凍った食品に熱湯をかけて解凍する」方法。
これは茹でて冷凍しておいた葉野菜などに有効です。
ただし、お弁当なのでしっかり水分を取ってくださいね。

あとは「湯煎」
魚や鶏の照り焼きなど、タレにつけてある状態の冷凍食品に有効です。
密封して保存してある、または密封した状態にして湯煎することが条件ですけど(^^;
中に水が入ってしまっては台無しですし・・・(汗)
で、湯煎での解凍で中まで熱を加えるのは思っているより時間がかかります。
万が一、中まで加熱されていないと思ったときは、
すかさずレンジでチン♪してくださいw


解凍の注意、いろいろ書きましたが、
じゃぁお弁当箱ごと冷凍しておいて、そのまま持っていけば一番いいんじゃ?
なんて風に思うかもしれませんね~(笑)
じゃぁ、試しに、入れ物ごと冷凍してある冷凍食品を
数時間自然解凍してみてください。
入れ物自体の温度変化で水滴が出てきます。
入れ物の下が水浸し・・・ってことになりますよね(笑)

とにかく、解凍とはお弁当を詰めるためにするのではなく、
お弁当を安全に食べてもらうための「加熱殺菌」ってことなんです♪

夏場のおかずがどうしても揚げ物になってしまうのは、
確実に中まで火を通せる安心な調理法だから。
夏は、ハンバーグではなく、ミンチカツなのです(笑)
さて、我が家の場合は、冷凍しているおかずも、一旦全て加熱した後、
冷ましてお弁当箱に詰めています。
焼きあがった卵焼き、チンした冷凍品、油で揚げたおかず、
全部を100均のステンレストレーにこんな感じで置いて冷ましてます。

20130911_1545672_t
冷めて詰めおわったあと、後片付けも楽に済まして♪




ブログの更新情報はtwitterでも


❤ 節約お弁当レシピ&簡単おうち献立レシピ の裏側?
我が家のお買い物ノート
我が家の普段使いのキッチン用品や様々なシーンでのお買い物記録です。



素材カテゴリ→


←ひとつ前のページに戻る。

ご訪問ありがとうございます。
このサイトは簡単節約をテーマに日常のレシピやお弁当のアイデアをまとめたページです。

このブログの最近の投稿記事


mytaste.jp