アマンディーヌ

しぐまろ, 2014年4月3日

お家で作るフランスのお菓子、アマンディーヌ。
これは、息子も大好きなスイーツのレシピ。
どことなく懐かしい味が誰にでも好かれる焼き菓子です。

071-amand

アマンディーヌの材料(タルト型:24cm)

《タルトの部分》
バター:60g
グラニュー糖:45g
卵黄:1個分
小麦粉:120g
バニラオイル:数滴

《クリームの部分》
バター:70g
グラニュー糖:65g
卵:1個(溶き卵で)
アーモンドプードル:70g
バニラオイル:数滴

《飾り用》
スライスアーモンド:適量
ジャム+お湯:適量


《タルトの部分》の材料を使ってタルト生地を作ります

バターをクリーム状にします。
泡だて器(手で)でクニクニと混ぜてます。
常温に出しておけばやわらかくなるし、それから足りないものを買いにいけばいいかも^^

クリーム状にしたバターにグラニュー糖、卵黄、バニラオイルを混ぜます。
ここも泡だて器で全体が混ざるように混ぜてます。

ふるった小麦粉を加えてさっくり混ぜます。
ここはへらかしゃもじに持ち替えて練らないように。
小麦粉をふるうのは面倒だし洗い物が増えるんですが、最近ではいいのが売ってます。
「こんな小麦粉ほしかった」っていう小麦粉w
だから、レシピに書いておきながら、実はふるったことないです・・・(^^;;

冷蔵庫で30分くらいねかせます。
ひとまとめにしてラップでくるんで冷蔵庫にポイっっと。


《クリームの部分》の材料を使ってアーモンド生地をつくります
型にバターを塗っておきます
キッチンタオルか何かに、バターを少しとって方に薄くのばして塗っておきます。
バナーナイフとかボウルとかにちょろっとついてるバターがあればそれで(笑)

バターを白くなるまで混ぜまくります
タフな方は手でw 途中で電動に変えてもいいけど泡立てすぎないようにw

グラニュー糖と溶き卵をまぜます
グラニュー糖を入れて混ぜ、溶き卵を数回に分けて丁寧に混ておきます

最後はアーモンドプードル
アーモンドプードルを入れて混ぜ、バニラオイルを少々。
混ぜ合わせればアーモンドクリームの生地の完成です。


ねかしていたタルト生地を伸ばして成形します

タルト生地を伸ばします
本来は、めん棒で5mmくらいの厚さに伸ばして、型に敷くんだけど
普段お菓子づくりしないお家にめん棒はないと思う・・・w
めん棒がなければ、手でちぎって伸ばして型に貼り付けていけばいいですw
型に敷くとき、どうしても破れたりして結局手で引っ付けるんだから(笑)
とにかく、5mmくらいの厚みで、型に敷き詰めればOKですよ、ほんとw


オーブンの予熱を開始します

オーブンは、170度で20分 です


アーモンドクリームを入れて焼く準備します

型に敷いた生地にフォークで穴をあけておきます
穴あけはストレス解消にもなる(笑)
でも、ちょっと優しく丁寧に~(笑)

アーモンドクリームの生地をいれます
生地を敷いて穴をあけた生地の上に先ほどのクリーム生地
平らになるように流し入れます。

飾り付けです
生地の上にスライスアーモンドを散りばめてください。
飾りなのでなくても大丈夫♪
散りばめるとこんな感じです。

062


アーモンドクリームを入れて焼く準備します

170度のオーブンで20分 焼いたら完成
めちゃくちゃやさしくてあまいいい香りがしてきます♪
ちょっとアーモンドの焦げ具合が足りない・・・ときは
210度で5~10分 見ながら焼いてみてください。
ちょっと、焦げたくらいがタルトのサクサク度がおいしいです。

で、冷めたら型から外します。

表面にお湯で溶いたジャムを塗ります
冷めて、型から抜いてからじゃないと、型を抜くとき手がべたべたになりますw
ここに塗るのは、アプリコットジャムとかが多いみたいけれど、
これは少し酸味のあるジャムの風味をプラスしたいのかなぁ。
でも、我が家はそんなジャム食べないw
このためだけに買うのも、ジャムって高いしねw

要するに、ここは見た目をきれいに見せたいので、
テカリそうなものなら何でもOKだと思います。
だから、イチゴジャムでもいいし、ホットケーキのシロップだっていい。
塗りやすいように、少量の熱湯で溶いて薄く塗ってください。

071-amand
完成です♪




ブログの更新情報はtwitterでも


❤ 節約お弁当レシピ&簡単おうち献立レシピ の裏側?
我が家のお買い物ノート
我が家の普段使いのキッチン用品や様々なシーンでのお買い物記録です。



素材カテゴリ→


←ひとつ前のページに戻る。

ご訪問ありがとうございます。
このサイトは簡単節約をテーマに日常のレシピやお弁当のアイデアをまとめたページです。

このブログの最近の投稿記事


mytaste.jp